フレシードのお仕事HOW WE WORK

仕事内容と流れWORKFLOW

葬儀社様や御喪家様の意向をもとに、デザインや使用する花などを決め生花祭壇を作成します。

設置当日は、トラックに設置用の台や備品、作成した生花祭壇を積んで式場へ向かいます。基本的に仕事はチームで行うので、一人で作業することはあまりありません。葬儀社様や御喪家様との打ち合わせとのズレがないよう、チームで協力・確認し合いながら進めていきますので、未経験の方でも安心してご応募いただけます。

楽しさとやりがいPleasure

はじめのうちは生花祭壇や供花作成の手伝いや、積み込み・水揚げといった補助的な仕事がメインです。しかし、技術を学ぶにつれて自分で生花祭壇を作成できるようになり、自身で祭壇をデザインしそれを形にできるようになると、仕事の楽しさは一気に広がります。

また葬儀の花であることから他にはない緊張感があり、完成後にいただけるお褒めの言葉やお手紙などは、言葉で言い表せないほどの「達成感」や「やりがい」を感じることができます。

フレシードの1日ONE DAY

09:00
朝礼後、生花祭壇や供花の作成、トラックに積み込み開始
10:30
休憩 ひと休み!
11:00
前日設営した式場の撤収へ出発
12:00
昼食(状況により時間帯は変ります)
13:00
本日設営の生花や機材を最終チェック
14:00
通夜式場へ出発
15:00
式場に到着したら、トラックから生花祭壇や機材を式場内へ搬入し、生花祭壇を組み上げます。その他、式場内や想い出コーナー、門提灯などを生花で装飾します。
16:30
すべての生花装飾完了したら、名札の文字や生花装飾の最終チェックをします。通夜開式まで生花の追加対応のため待機します。
18:00
通夜開式、通夜が開式したら帰社します。
18:00
会社到着。業務終了。
Contents Menu
閉じる